ようこそ   天     国  へ



天国とは、まさに天上の理想の世界



天国とは、分かり易くご説明すると、生者に於いては人間の心の中に広がる絢爛豪華な世界。

位置としては、極楽世界より、遥天上に位置する華美で究極の世界。

天国には、ギリシャ神話に登場するペガサスのような天馬、いや、ギリシャ神話より遥かに素晴らしい黄金の馬や牛、それに金の鳥が空を飛び交う夢の世界。

ここに聳える館は、全て黄金で創られた宮殿のような建物ばかり。

その宮殿と宮殿の間は広々とした空間が庭続きになっており、庭には水も滴るような青々とした、色鮮やかな芝生のような低草が辺り一面に敷き詰められている。

低草の上には大理石に似た石灰岩で造られたテーブルが乱雑に配置されている。

テーブル上には、色鮮やかな芳しい香りの、この世では視たこともないような南国の果物に似た果実が、これも金で編まれた籠に山盛りにされている。

果物籠の横にはワインボックス。

そのワインボックスには、天国で採れた果実を原料としたワインが、キラキラと輝く真珠のような氷中に埋まっている。

このワインも果物も誰でも自由に飲み、食せられる。

要するに、ここにあるものは全て天国に棲む人々の共有するものなのである。

更に、天国人は男女ともに貴族、或いは豪族が纏うような豪華な服を着用し、ダンスや娯楽に開けくれている。

が誰一人批判する者など皆無で、皆さんニコニコとごく当たり前の、日常の風景を前に談笑されている。

疲れると清水で体を清め順次休憩と云うか低草の上に身体を横たえる。

最高の安らぎの場、とも云えるのだ。



以上が天国の日常なのである。

人間界の天国とは、意識(心)の中に広がる華美で究極の世界なのである。

戻る


地獄から、天国の入口に入られた方々の、魂の苦悩と喜び



事        例1 事        例2 事        例3 事        例4 神の証


次は極楽世界







inserted by FC2 system