神麗 魂の導き神 宇宙総帥アリヒト


地獄の淵に落とされた魂の救済


width=

地獄の淵とは、地獄の入り口の事なのである。


ここには、前世の因縁、怨霊を除けると必ず落ちるようになっている。


が例え、除霊をしなくても最終的には怨霊に落とされる定めとなっている。

しかし、一度落とされると二度と助かる方法はない。


では、なぜ地獄ではなく淵に、なのか?


と云えば、地獄の中は死者の入る場所。


生者は、頭上に先祖へと続く細い紐が伸びているため下に堕ちる事はない。


故に、この紐があるうちは中に落ち込む事はないのである。


が死後、紐が切れるとそのまま地獄へと落ちてしまう。


だが、殆どの人は地獄へ落ちる、などと言う事は知らない。


また、前世の因縁である怨霊の存在も知らない。


故に、怨霊や地獄の淵等々などと書いても、誰も理解できないであろう。


では、なぜ怨霊は地獄へと落とすのか?


と云えば、復讐の最終仕上げとしてなのだ。(怨霊は前世の復讐をする為にとり憑いている)


しかし、生存中、たとえ淵で止まるとは言え、地獄に落とされた魂は、なぜか両手を後ろ手に縛られており、しかもクビまで吊られ身動きできないようにされているのだ。


そして、そこに屯する化け物の餌食となり、精神的、肉体的にも悲惨な結果を伴うのである。


これらの化け物は多種多様である。


これは決して御伽噺の世界ではない。


実際にこの化け物にとり憑かれていた方の魂を当初、天国の入り口まで引き上げたのだ。


※詳しくは、 魂を上にあげるようになったきっかけへ


戻る

inserted by FC2 system